お問合せ サイトマップ


市瀬のいろいろな紙紙物語紙・森インタビュー未来に夢町森人尾瀬フォトライブラリー紙・森キーワード辞典リンク集


3.9ペーパー |  尾瀬の木道ペーパー |  FSC |  間伐紙 |  非木材紙 |  再生紙




『3.9(サンキュー)ペーパー』誕生!

手入れがされず、荒廃した森林

国内の森林は資金不足、人手不足などの理由で山の手入れがされず、荒廃しつつあります。手入れをしても山に切り捨てられた「もったいない木」がたくさんあります。そのもったいない木が使われれば山がきれいになり、山で働く人々に新たな収入源ができます。

株式会社市瀬では、そのもったいない木を使い、森林保全、CO2吸収量の拡大、森林経営への支援ができる森と企業をむすぶ『3.9(サンキュー)ペーパーシステム』をつくりました。


3.9(サンキュー)ペーパーシステムとは?



細い丸太や曲がりの大きい丸太は木材単価が安く、大半のケースでは、森林経営者が運送費を負担するとかえって赤字になってしまいます。山村に収入が入らず、ますます国内の森林整備が困難な状況となっています。とくにパルプ・チップ分野で使われる国産材は少なく自給率は1割ほどしかありません。




印刷物を制作するユーザーが、森林所有者に代わって木材の輸送コストを負担することにより、間伐材や国産材の利用を促進することができます。つまり、CO2排出量削減に寄与することにつながります。3.9ペーパーを使った印刷物には「木づかい運動ロゴマーク」をつけることができます。第三者による木材搬出地域や木材量の証明書を発行することも可能です

プレスリリースダウンロード(PDF)

3.9ペーパーの特徴

産地を表示することができます。「エコロジーナウ」では3.9ペーパーが採用されました。

エコロジーオンライン


日本の森を守り育てる『3.9GREENSTYLE』スキーム

3.9ペーパーは林野庁が提案する「3.9GREENSTYLE」の理念にもマッチした市瀬独自のシステムです。林野庁では平成17年から京都議定書にもとづいた有効なCO2吸収源として日本の森林を活用する「木づかい運動」を推進しています。


木づかい運動・3.9GREENSTYLEとは




株式会社市瀬について アクセス トップへ戻る Copuright (c) 2006 ICHISE Co., Ltd. All rights reserved.